読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積極的にメモっていく姿勢

題名詐欺。更新頻度の低さが売り。

北見市を走る非力な車に捧ぐ

またしても私です。もうそろそろ飽きてきましたか?
北見 Advent Calendar 12/10(火) のエントリーです。
 
ほんの少しだけなんですが、北見には非力な車を貶める道路があります。
もしかすると、私の知るところだけなので、他にもあるかもしれません。
 

0. 「非力な車を貶める」とは


ここでは「傾斜が急で上りきれない」ことを指します。
軽自動車の場合は、特にはめられる可能性があるでしょう。
 
具体的な傾斜率などの値は考慮しません。
人間の感覚で「あかん......」と思うところを挙げるだけです。
そこはご容赦下さいませ。
 
また、題目に用いている住所は正確ではないのでご注意ください。
ただ、近傍であることは間違いありません。
 
それでは実際に見ていきましょうか。

1. 北2条東2丁目10


クリエートビルというのがある交差点を国道39号線から上ってくると、
そこそこの傾斜が我々を出迎えてくれます。
 
夏であればどうということはありませんが、冬は怖いです。
夏でも結構な傾斜だなあと思うくらいには傾いていると思いますが。


大きな地図で見る

2. 三楽町121-1



大きな地図で見る

いかにもヤバそうな看板がありますね。
ここは信号を回避する為にバイト帰りに通る道です。
他の坂に比べ、短期集中型で攻撃してきます。
 
冬でもロードヒーティングはありません。
圧雪アイスバーンにこの傾斜力が夕陽ケ丘通りへ車体を誘う......
事故の香りがします。


大きな地図で見る

3. 東陵町48-2


美容室 Bloom がある交差点を跨ぐ様に設置された坂です。
鬼のような屈曲と天を貫かんばかりの上り坂です。
 
通称 ムーミン谷 を跨ぐ様に移動する北見工大生なら知っているかも。
(このムーミン谷という呼称は随分前からあるようで驚きました。)
私は大学へとこの道を通って参ります。
 
10年近く前はこの上を通る橋がなかったようです。
此処はかなり傾斜がきつく、かつカーブもキツいので恐ろしいです。
まずもって相手は見えませんし、私の車だと1速じゃないと厳しいです。
 
冬はロードヒーティングがあるので安心(?)。
その代わり境目の段差はすごいことになるので、救いようがありません。


大きな地図で見る

こんなことになってしまったのには理由があるようです。
下宿のおじさんに伺ったのですが、ここはもともと川だったようです。
 
無理やり埋め立てようもんだから、エラい坂が生まれてしまったとのこと。
写真とかその辺を見つけたかったのですが、見つかりませんでした。
本当だとしたら、大学生の住処の為に崖を削ったんでしょうか。

4. 東陵町79-1


他を寄せ付けない圧倒的に急峻な坂です。
車で行こうものなら急加速間違い無しです。
放っておくと大変なので低速ギアに切り替える作業が必須です。
 
ここを自転車で上りきる勇者もたまにいます。
でも結構危ないので迂回することをオススメします。
車であっても同様に迂回できる余裕があるならどうぞ。  
ただし、下りきった先に同じ位の坂が用意されています。
かと行ってこれを下って右に行くと、狭い路地しかない。
左に行っても狭い路地を越えねばならない。
そのうえ、左のルートは 3. で上げた坂に打ち当たります。
国道へは公園を抜けて行かねばならない。これもきつい。
 
できれば、車では迷い込みたくないムーミン谷ですね。


大きな地図で見る


大きな地図で見る

5. さいごに


どうでしたでしょう北見市の坂。
他の市は坂をアピールしてることもありますが、北見ではありません。
ただ、生活の障害としてそこに存在します。
 
徒歩、自転車、自動車いずれの交通媒体も苦しい。
そんな坂ですが、北見市の一部なので寄り添って暮らさねばなりません。
 
命狙う北見の坂。私たちは彼らと仲良くやっていけるのでしょうか。
(既に仲良く4年間も暮らしましたが)