読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積極的にメモっていく姿勢

題名詐欺。更新頻度の低さが売り。

第5回 LOCAL学生部 総大会 とみお企画

この記事半端じゃなく長いです、お気を付けて下さい。
 
北海道札幌市で道内の学生を的にした催事を開催しました。(報告記事
2013/12/28(土)から29(日)にかけて、宿泊込みで行われました。
これはLOCALという団体に属する学生部が執り行ったものです。
 
connpassを御覧頂けると、その規模がお分かりになると存じます。
北海道が広すぎるせいで、札幌に会場を置いてもそんなに集まりません。
 
私の班は「イベント毎に写真を投稿できるWebサービス」の開発を行いました。
実際には出来上がっていませんが、其々の力量に合わせた学習が進みました。
 
HTML、セキュリティなどの基礎を勉強する@chamaharun
Webの表面をHTMLとSassで書き続ける@ed_us
書いた事ないPythonflickrAPIに振り回される@gonhainu
パフェを食べ会計処理ととみお企画を密に進める@tomio2480
 
一番最後の奴まじで役立たずですね。考えられない(笑)
 
強いて言えば、@chamaharunとHTMLについて勉強しました。
あとは、@gonhainuが一生懸命API叩いてる横から口出しするやつしました。
@ed_usは一人でさくさく進んでいてあんまり絡みはありませんでした。
 
ここまできて、詳細な様子や後日談等は他の参加者に譲ることにします。
本日の主題はとみお企画です。

0. とみお企画とは


単に名前をつける時間がなかっただけです。
それに12/25は卒論初稿の締め切りだったので、考える時間もなかった。
あと、学生には秘密にして進めたかったので名前とか考えてませんでした。
 
企画内容は本を学生にプレゼントするものです。
思いついたのは開催1週間前くらいです。
会計係だから強行してもいいよね?って無理やりすすめました。
// LOCAL本体に確認を取らなかったのは申し訳ありませんでした。
 
しかし、参加者に本をただプレゼントするだけでは意味がありません。
今のLOCAL学生部の心意気に乗っ取った企画であることは揺るぎません。
 
昔の学生部は「学生をもっと勉強会へ」主題でした。
しかし、学生にもそこそこ浸透してきた文化であることが見て取れる現在。
我々は「学生が勉強会同士を繋げる係をしよう」という心意気に入れ替えました。

  • 各地域での勉強会文化を栄えさせて、もっとIT好きを集めよう。
  • 話のできる仲が沢山ほしいから、頑張って広めよう。
  • 埋もれている優秀な学生を発掘するために手を広げよう。

などなど、我々の目的を達成する為には、
地域を越えた交流をはじめとするネットワークが必要だったのです。
 
そこで、札幌までやってきた学生にできるプレゼントを考えました。
北見、旭川、釧路、札幌を行き来する私にこそ、できるプレゼントを考えました。
結果は「各地に点在する優れたIT好きとの繋がり」でした。
 
私を通じて学生と大人達が知り合い、活動が活性化する可能性を生み出す計画です。
単に紹介すればそれまでですが、何かそのきっかけを考えねばなりません。
 
そこで「大人達が選ぶ学生に読ませたい書籍」を与えるという案が浮かびました。
さすれば、書籍を話題にして話に花を咲かせられる。
書籍に関連した助言やイベントの紹介等を伝えるきっかけにもなる。
このように、多岐にわたって話題を提供できる有用な手段でした。
 
つまり、とみお企画の全貌は、
「優秀なIT好きの大人達が選ぶ書籍を学生にプレゼントする」
企画なのです。

1. 計画の実行


そこで、どれだけの書籍が購入できるかの計算をはじめました。
実に、35000円分の書籍を購入できることがわかりました。
1冊3000円だとして、12冊程度の選出が必要になりました。
 
同時に、参加者はどんな書籍が欲しいかの推測をしました。
参加者は15歳から24歳と幅広く、14名ほどの学生が参加することが分かっています。
これから社会にでる前の者と技術に浸かり始めた者がごった煮です。
教科書的なものがいいのかノウハウ本がいいのか......
 
もう推測するだけ無駄かなと思い始めた2日前。
単純に私が選んでほしい人に頼んでみようという雑な答えにたどり着きます。
// 選んでほしい人とか山ほどいますけれども  
つまり、頼む方のジャンルとかそういうのもごった煮。
ということで、各地域から数人ずつ選出することに。
 
また、学生にどんな順番で渡すか悩みました。
今回は開発イベントなので、成果物、学習成果を以て判断することにしました。
みんながこいつはよくできた。という者から選ばせます。

2. 選出


ということで、独断と偏見で私に選ばれた皆様をご紹介します。
加えて、選ばれた書籍と与えられた学生についてもご紹介します。
// 何かすごいエラそうな感じになってしまう...... 申し訳ないです。
 
基本的には Twitter アカウントにします。
僕が分からない場合は Facebook アカウントということで。
あと順番は思いついた順です。

1. 札幌 > @jsakamoto さん

書籍 : Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

コメント :

学生さん相手に「Subject To Change」はちょっとビジネス臭が漂うかもしれませんね。その代り、スティーブ・ジョブスのファンや起業家志向な方ならいいかもしれません。

かなーり悩んだ末に選択された一冊であるようです。
@jsakamotoさんは、札幌の勉強会CLR/Hでよくお世話になります。
ここの二つ目の画像でお顔を拝見できます。(豆情報)
これから分かる通りMicrosoft MVPを受賞されている方です。
 
初めてお会いしたのは、osc2011-doだったと記憶しています。
ありがたいことに、2回もOhotechにお越し下さいました。
大変フレンドリーに接して下さるので、打ち解けるのも早かった印象です。
 
また、他の方と被らないようにと、もう一つ候補を上げて下さいました。
書籍 : エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

コメント :

なにかしらユーザーインターフェースを伴うソフトウェア開発にかかわるなら面白いと思います。が、実は3部作の第2作、といった位置づけの本でして。これに興味を持てるなら、ドナルド・A・ノーマンの他の著書を自費で購入したくなることでしょうw

興味を持った方は是非、手に取ってみて下さい。
この本が当たったのは、釧路高専@T_akmsです。
@jsakamotoさん、ありがとうございました!

2. 札幌 > @snoozer05 さん

書籍 : ふつうのLinuxプログラミング Linuxの仕組みから学べるgccプログラミングの王道

コメント :

よし、決めた!どんなことをすることになっても技術力の基礎として有効だと思うので、『ふつうのLinuxプログラミング Linuxの仕組みから学べるgccプログラミングの王道』を推薦します!

参加する学生の年齢等をお気になされて、選択された一冊のようです。
@snoozer05さんはLOCALのイベントでお会いする事が多いと存じます。
実は高校生のときに、旭川で島田さんの講演会か何かに参加していました。
えにしテックの社長様でいらっしゃいます。
失礼乍ら、Webサイトを初めて拝見しました。すごくかっこいいすごい。
 
とにかく、プログラミングを楽しくする方という印象です。
また、言う迄もありませんが Ruby のすごい方という印象もしっかりと。
ありがたいことに、Ohotechにもldd12sにも御越し頂いております。
当時、Ohotechに参加した学生達はプログラムが一層好きになった模様。
 
この本が当たったのは、旭川工業高校@DdffXxです。
@snoozer05さん、ありがとうございました!

3. 旭川 > @smagch さん

書籍 : Founders at Work 33のスタートアップストーリー

Founders at Work 33のスタートアップストーリー

Founders at Work 33のスタートアップストーリー

@smagchさんは旭川に行くと大体お世話になります。
初めてお会いしたのは、第2回 Python勉強会@旭川
フリーランスとしてJavaScriptを使って働いているという認識で大丈夫かな......?
今はGit勉強会CoderDojoAsahikawaを主導されています。
ありがたいことに、Ohotechにもお越し頂いております。
 
また、島口さんからはWeb上の資料をおすすめされました。
"The Best Programming Advice I Ever Got" with Rob Pike | | InformIT
「最も素晴らしい記事」と太鼓判を押され、追加でコメントを頂いて居ります。

素晴らしい記事です。達朗くんに翻訳してもらって下さい。

達朗くん = @SushiYasukawa
ということで、お願いしますね☆
 
この本が当たったのは、釧路高専@gonhainuです。
@smagchさん、ありがとうございました!

4. 旭川 > 石澤 大 さん

書籍 : アイデアのヒント

アイデアのヒント

アイデアのヒント

コメント :

技術的なものとネタ的なものは多分 他のカリスマSEがモリモリ出してくれるはずなので、 こんなのはどうかな?  
技術的な手法論の前段階のお話です。 デザイナー的には割とベタな本ですが・・

既に私に選出される方々がばれてたんでしょうか!
石澤 大さんも、大体旭川に行くとお世話になります。
完全に技術ガチ勢が多い中で、デザイナーさんとしても活躍されている方です。
コーディング、デザイン、アプリ開発、写真撮影など多彩な印象。
 
大変穏やかで優しく接して下さる方です。
初めてお会いしたのはどこだったかな...... ゆるい勉強会の前には知り合いだった気が......
ありがたいことに、Ohotechにもお越し下さって居ります。
石澤さんの発表であった、投げ銭システムがかなりウケて居りました。
 
この本が当たったのは、釧路高専@yoritariyoです。
石澤 大さん、ありがとうございました!

5. 北見 > @riszw さん

書籍 : 作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書

作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書

作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書

コメント :

本なだけにほんとに悩みますね… ほかいどーなのでこれで! というかご本人様いらっしゃったりして…

北海道の方がお書きになられている事実をここで知りました。
@riszwさんは、実はまだ一回も会った事ないです。
多分、Twitterで何やかんやあって、今度お会いしましょう!の段階です。
私が知るところでは、美幌にお住まいのWebDesignerさんです。
 
Ohotech 特盛 #8まで時間があるので、それ迄に一回くらい......
と思うものの、冬道あぶないなあと思っていて、計画も仕舞い込んでいます。
少し離れてはいますが、是非ともこれからよろしくお願い申し上げます!
 
この本が当たったのは、旭川高専@SushiYasukawaです。
@riszw さん、ありがとうございました!

6. 北見 > @tututen 師匠

書籍1 : Short Coding ~職人達の技法~
書籍2 : プログラミングコンテストチャレンジブック

Short Coding ~職人達の技法~

Short Coding ~職人達の技法~

プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ?問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える?

プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ?問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える?

言わずと知れた北見の重鎮、Ohotechの@tututen師匠です。
// やった!言わずと知れたメソッド使えた!
 
実は、沢山の方が企画にご賛同下さるか不安で、沢山の案を出してもらいました。
さすが、師匠ですね。幾らでも書籍の候補が出てきました。
その中から、今回の学生に良さげな本を二つ選択しました。
Short Codingは処理研の部室にあって、興味深く読んだものです。
 
プログラミングの魔道書シリーズ、デバッグが256倍速くなるテクニック、バイナリの歩き方、ハッカーと画家、リーダブルコード、実践Vim と候補がありましたので、いざや企画倒れ寸前になっても大丈夫な保険はかかっていました!
 
私と同じく、Ohotechの運営側の人間です。
また、北見から道内各地の勉強会に出没できるのは、師匠の御蔭です。
知識幅も大変に多岐に渡り、何を訊いても返ってくるので便利です。(問題発言)
一緒に御飯を食べにいくと、大抵の人が食べる早さと量にビビります。
私は麻痺してきたのか特に驚かずに、足りない疑惑を心配する事が多くなりました。
 
Short Coding は北大の@senz1024に、
プログラミングコンテストチャレンジブックは北見工大の@ed_usに当たりました。
@tututenさん、ありがとうございました!

7. 釧路 > @kazuyoshi さん

書籍 : プロフェショナルBSD

プロフェショナルBSD (ASCII SOFTWARE SCIENCE Operating System)

プロフェショナルBSD (ASCII SOFTWARE SCIENCE Operating System)

コメント :

超マニアックだから。下村先生も黄色くなるまで読んだって言ってた!

実は皆様にお願い申し上げたのは、開催1日目でした。
翌日に買いに走るため、急なお返事を要求してしまっていたのです。

これから釧路OSS忘年会なのですけども^^;
しかもこれ、技術書よね?俺、エンジニアでないからー^^;

その上、他のイベントに重なっていたらしく、大変ご迷惑をかけてしまいました......
そんな中でもご回答を頂いた、@kazuyoshiさん。
今まで出てきた方々とは異なり、IT系の御仕事以外で働かれる方です。
釧路→さいとうさんというくらいには、脳内に刷り込まれています。
 
釧路はldd11fに参加したのが初めてかも?
いつかのOSCでお会いしている可能性はかなり高いですが、記憶が定かじゃない......
釧路についてはAdventCalendar参戦記事が詳しいです。
釧路に行くと毎回構ってもらってます。釧路にゆかりが無くても構ってもらえる素敵。
 
この本が当たったのは私です。企画者が貰うというとんでもない事象が発生しました。
@r_kawaishiさんが、年齢順で持っていきなよと仰って下さったためです。
@kazuyoshi さん、ありがとうございました!

8. 釧路 > @APA_Diver さん

書籍 : Make: Electronics —作ってわかる電気と電子回路の基礎

Make: Electronics ―作ってわかる電気と電子回路の基礎 ((Make:PROJECTS))

Make: Electronics ―作ってわかる電気と電子回路の基礎 ((Make:PROJECTS))

コメント :

エンジニアなんかではないオイラに声かけてもらって恐縮です。 あまり技術書を読んでないのであまり推薦できる図書がないんですが、あえて電気の基本を分かりやすく解説してるMAKEシリーズの一冊を。   オイラのホントに得意な分野は生き物なので、まだ手に入れば、ブラインドウォッチメーカーを推薦したいとこですがw

ということで、此処で紹介させて頂きます。
書籍 : 盲目の時計職人

盲目の時計職人

盲目の時計職人

これであってるかな......
 
ということで、@APA_Diverさんもまた、非IT系で御仕事をされている方です。
そして初めて生物が専門でいらっしゃることを、此処で知りました!
さらに、英語が堪能であるということで、高専カンファレンスin釧路の時には、
言葉がどう浸透したか、歴史と合わせてお話し下さった事が記憶に残っています。
言語学と世界史の結びつきと方言の形成は、大変興味深いものでした。
 
ちゃんと事実確認をしていないのですが、釧路U16プログラミングコンテストの時に、
オーディオケーブルか何かを、その場で作り上げたなんて話も聴きました。
半田ごてと必要な部品がその場にあった事自体、衝撃的だという現場の声も。
 
おすすめ本が当たったのは、苫小牧高専@mktakuyaです。
@APA_Diver さん、ありがとうございました!

9. 札幌 > @noha_ko さん

書籍 : Web制作者のためのSassの教科書

Web制作者のためのSassの教科書 これからのWebデザインの現場で必須のCSSメタ言語

Web制作者のためのSassの教科書 これからのWebデザインの現場で必須のCSSメタ言語

コメント :

うーん。自分全然エンジニアではないですがw このどちらかなーと。 Sassの教科書。これは読みやすいし、CSS好きにはたまらない一冊です。

もう一冊、候補を頂きましたが、@riszw さんと同じだったので此方に。
その時のコメント :

もう一冊は、先日SaCSSで献本いただいたので宣伝も兼ねて。 作りながら学ぶHTML/CSSデザインの教科書。すごく解説が丁寧なので初心者でも読みやすいかも。   コアなかんじだと、最初の本の方が面白いかも?初心者全域が対象だと後者かなー?と。

ということで、@noha_koさんは札幌のCLR/Hでお会いした方です。
@menimenimeniscuフリー素材を置いていってくれたのが記憶に新しいです。
デザイナーさんなんでしょうか、モデルさんなんでしょうか。
その中でも、フェルトでものづくりする人って印象がやはり強いです。
 
横浜に行ったときに、すごい速度でお菓子屋さんのヒントをくれた神様です。
3つくらい買ったMARLOWEのプリン美味しかったです!
 
この本が当たったのは、北大の@chamaharunです。
@noha_ko さん、ありがとうございました!

10. 東京(北見) > @tokibito さん

書籍 : IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」

IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」 (技評SE選書)

IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」 (技評SE選書)

@tokibitoさんは、大学のサークルの先輩に当たります。
初めてお会いしたのは部室。突如表れた先輩方の空間に飛びこんだのが初です。
大抵@nanimosaさんと共に現れるので、頭の中ではお二方セットで記憶されています。
北見に現れるたびに、お食事にご一緒させて頂いております。
北海道を出ても、Pythonの人と言えば通じるくらいのすごい人という認識。
 
道外なのに声をお掛けした理由は、かなり単純で面白い本を知ってそうだからです。
お会いする度に、何か新しいことを持ってきてお話下さる。
新しい技術関連でも、先輩のルーツでも面白いかなと御訊きするに至りました。
その上、北海道にもゆかりある人物なので、余裕で対象に入ってきた訳です。
 
この本が当たったのは、北見工大の@arienkakkowaraです。
@tokibito さん、ありがとうございました!

11. 名古屋(北見) > @t6s さん

書籍 : もうすぐ絶滅するという紙の書物について

もうすぐ絶滅するという紙の書物について

もうすぐ絶滅するという紙の書物について

@t6sさんは、現在名古屋大学にいらっしゃる方です。
出身が北見で、Ohotechにもお越し下さって居ります。初めて会ったのもOhotech。

「改訂新版 TeXブック」をお勧めしようかと思ったら絶版でした。

ということで、上記の書籍をご選択頂きました。
 
数学が専門でいらっしゃるのでしょうか。
Ohotechではλ計算のお話や、函数型言語のお話、型のお話をされる印象です。

型システム入門 −プログラミング言語と型の理論−

型システム入門 −プログラミング言語と型の理論−

  • 作者: Benjamin C. Pierce,住井英二郎,遠藤侑介,酒井政裕,今井敬吾,黒木裕介,今井宜洋,才川隆文,今井健男
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2013/03/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 68回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
いつかのOhotechでは上記の本の宣伝をなさっていました。
オーム社では執筆記事をsvnで管理する等、執筆時のお話も楽しく聴かせて頂きました。
私はまだ、まさか本を書くような立場にはありませんので、異世界のお話でした。
 
おすすめ本が当たったのは、苫小牧高専@_Can_onです。
@t6s さん、ありがとうございました!

3. 後日談


こんなとんでもなく長い記事に御付き合い下さり、ありがとうございます。
実は、この企画を皆様に提案するときに公開したドキュメントがあります。
 
此処にある通り、本を受け取ったら直ちにコンタクトを取る事が掟になっています。
皆様、学生からコンタクトはありましたでしょうか?
 
また、協力してくれた@gonhainuと@arienkakkowaraに感謝。
@gonhainuは私が寝ている間に、紀伊国屋での在庫状況を調べてくれていました。
その御蔭で、比較的速やかに集める事ができました。
 
そして、@jsakamotoさんから、一つ質問が飛んできました。

ところで、西原さんが誰かIT系エンジニアに何か書籍を1つ推薦するなら、どんな書籍になるのでしょう? ちょっと、逆パターンが気になりました :)

ということで、私のおすすめも載せておきますね。
書籍 : ブレッドボードではじめる マイコンプログラミング

ブレッドボードではじめる マイコンプログラミング

ブレッドボードではじめる マイコンプログラミング

コメント :

北海道大学の先生が書かれている本なのですが,PICに入門,つまりはマイコンを使った電子工作を何にも知らない状態から始められる位の良書です.  
ボリュームもあっさりしていて,基礎部分であれば,飽き症の方でも飽きる前に読み終われます.後ろには二つか三つの作品例があって,がっつりやりたい人も退屈しません.そんでもって簡単に作れるので楽しいです!

私は、飽き症でも読んでいける本なら、相手に伝えるときにも有用だと考えています。
大抵はじめの一歩ってのは躓き易く、難しいと止めてしまいがちだと思います。
それに挑戦できる人はいいですが、そうでない人はさっと進められないと辛いので。
 
ということで、以上とみお企画でした。