積極的にメモっていく姿勢

題名詐欺。更新頻度の低さが売り。

カンファレンスの運営やってよかったと久々に思えた #phpcondo

2024 年 1 月の頭に PHP カンファレンス北海道 2024 を開催しました.自分はコアスタッフの一人です.
 
この fortee という最高の仕組みにはブログリンクというすばらしい機能があります.こちらを見ると,同じカンファレンスに参加した人たちのブログを一覧することができます.最高ですね.
 
本当に久しぶりにカンファレンスのスタッフでした.他の皆さんがどう思われているかはさておき,今回は非常に晴れやかな気持ちで終わることができました.自分のこの晴れやかな気持ちを綴っておこうと思います.

続きを読む

ツナギメエフエム Ep.70 とみお発言補足資料集

そういえば 1/5(金) に公開された ツナギメエフエム Ep.70 にお招きいただいていろいろ喋りましたので,それで出てくるもろもろの補足資料をここにまとめておきます.

続きを読む

IT勉強会の学びの最大化とIT業界の発展

先日,岡山で開催された勉強会で発表してきました.題は「痩せた IT コミュニティと引き締まった IT コミュニティの違い」です.
www.docswell.com  
岡山で参加したイベントは「合同勉強会 in 大都会岡山 -2023 Winter-」です.夜に開催された「忘年会議2023 in 岡山城 presented by finet」にも参加してきました.岡山城で LT をやる実績も解除しました.岡山城では「北海道異常IT勉強会2023年中間報告」を再演発表してきました.
www.docswell.com  
また,さらにこの岡山の勉強会に行くついでに,神戸三宮の勉強会である 三宮.dev の「今年を振り返ろう!LT大会」にも足を運びました.ここでは,自分の connpass のイベント参加履歴を流し見して,今年一年どんなイベントがあったかをおしゃべりしてきました.資料はないです.
 
これらの勉強会ではじめてお会いする方もたくさんいらっしゃって,いろいろ巡る中で自分の関わる勉強会像がどんどん言語化されていきました.その記憶を辿って記事にしようと思い立ったのが本記事です.

続きを読む

銀行の居抜きと夢の図書館・マイコン博物館 〜 #cokonpile 東青梅合宿 〜

今日は #cokonpile の東青梅合宿 2 日目です.自分がやる合宿は必ず 2 泊 3 日以上にして,最終日の成果発表以外はフリーにしています.ですから 2 日目は各々かなり柔軟に予定設計ができます.

cokonpile.connpass.com

今回は勝手に #cokonpile エリアと呼んでいる市外局番 042 エリアの中から,宿泊込みで合宿をやりきれる比較的安価な会場を探しました.検討に検討を重ね,東青梅の古民家を宿泊込みで借り切ることにしました.
 
今回はせっかくの秋の東青梅なので,御嶽山(みたけさん)の紅葉や温泉といった地域特有のアクティビティに加え,我々 IT 勉強会としては非常に魅力高い,夢の図書館・マイコン博物館への訪問も可能であるということに気づきました.
 
しかし,夢の図書館・マイコン博物館は 2023 年 10 月から,移転作業のため休業だったらしく,通常の展示は見られないということでした.元々東青梅にあった展示室を青梅に移している最中で,現地に行ってもダンボールばっかりのお部屋になります,というお返事をいただき,どうするかをみんなで考えました.

readyfor.jp

結果,今回の合宿メンバーは行かないということで,宿に残ってもくもく作業する者や御嶽山に行く者など,様々な形で東青梅を満喫するとのことです.しかし,普段,夢の図書館・マイコン博物館は開けていないらしく,見学のある日のみ開けてくださるとのことなので,キャンセルはせず自分単体で伺うことにしました.

続きを読む

数の呪いと学びの場としてのIT勉強会

Scrum Fest Niseko 2023 というイベントで 15 分話してきました.

www.docswell.com

資料の 8 ページ目に「⼈を⼈として扱わず,向かい合わなかったためにクラッキングが起きる」と書きました.この例では懇親会に触れていて,雑に言うと「人がたくさん来ればそれでいい」の思想で行きすぎた結果,懇親会タダ飯喰らいが誕生したのではないか,という主張をしています.
 
これは懇親会に限らず,IT 勉強会,IT コミュニティについても同じようなことが言えるなと感じています.ただこれは,自分が 10-20 名程度の小さな IT 勉強会,IT コミュニティを活動の中心にしていて,大きなカンファレンス主催はあまり考えてないからそう思うのかなとも思います.
 

何人来たかより,どんな人が来たか

最近だと技術広報や DevRel といった,業務で使われている技術や製品が提供する技術の広報を行い,ユーザー獲得,採用候補者獲得を目指す仕事もだいぶ市民権を得てきたと感じます.IT エンジニアの転職情報の記事でさえ,技術広報という単語が登場するようになりました.

続きを読む

IT勉強会の懇親会に飲食目的で来ていると疑われる人類の観察

「寿司おじさん」として有名な彼らですが,多くの目撃情報があります.このコロナ禍で飲食提供のある勉強会が壊滅した中でも力強く餓死せずに乗り越え,今日も元気に勉強会で飯を喰らい,酒を呑み,余りをカバンに詰め込んで持ち帰っています.
 
界隈に衝撃が走ったのはこの記事だったかなという記憶です.
www.wantedly.com

ここまで暴れん坊な人は多くないかなと思いますが,勉強会の目的に合致しない参加者のために運営側が頑張るという構図から,同情や怒りの感情が広がっています.

続きを読む

誰の願い? IT コミュニティの若返り

このへんの話で思い出しました

1人の学生が提唱する、技術コミュニティに若手をどう取り込むか戦略 2023 | ドクセル www.docswell.com

このスライドは「若者がこないなぁ」と言っているコミュニティ所属メンバーに,若者側から問題提起をする素晴らしい資料です.言わないとわからないこと,たくさんありますからね.

若者が入って来ない問題

よく言われている問題である一方,個人的にはそこじゃないような,という思いがあります.もちろん,それぞれ個人に最も近いコミュニティをひとつだけ見たときには,若者が入ってこない問題が発生しているところもあるかなと感じます.でも,もう一段,二段広い範囲で見てみると,実はきちんと若者はいて,十分元気に活動できているなんてこともあるかな,とも感じています.

続きを読む