読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積極的にメモっていく姿勢

題名詐欺。更新頻度の低さが売り。

Automatorを使ってみる

mac

お久しぶりです。タブ整理の為に記事を完成させました。

タイトルが短いために、正確性を欠いてしまいましたが、

Automatorを使ってGoogle Chromeをオプション付きで起動する。

という内容です。

まずは、ロボットのアイコンのAutomatorさんのお話からしていきます。

1. Automator

何?

これは、よく調べていませんが、バッチファイルのような感じで、アプリケーションを生み出してくれるようです。マクロを記憶するとか、なんとか言ってました。

これは、ある一連の操作を記憶させて、自動実行させられる便利っぽい機能のことです。

使い方

今回は、Google Chrome をオプション付きで起動するために、毎回ターミナルのタブが犠牲になってしまうのを防ぐ旅になります。

load() を使うと Chrome が文句言う - 積極的にメモっていく姿勢

ここの記事にある通り、jQueryでload()を使うとバグが出てしまう。ということで、オプション付きで起動しようという感じ。

まずは、起動してみます。

こんな画面が出ました。

次に、このリストから「シェルスクリプトを実行」を選択し、隣の空間にドロップします。

こんな感じの画面が出ました。

後はウィンドウの中にある「cat」を書き換えて、実行したい命令を書いておくだけです。

Applications/Google\ Chrome.app/Contents/MacOS/Google\ Chrome --allow-file-access-from-files

はいこれで設定できました。

これをアプリケーションとして保存します。
いい感じに出来上がりました。
他のアプリケーションと同じく、ダブルクリックで起動してくれます。

これを実行してみると、うまく起動してくれたと思います。
jQuery の load() を試しましたが、問題なく動作しました。

2. アイコンを変えたい

これは微妙に困ってしまったのですが、簡単でした。驚くほど。

変更したい対象のアイコンをサブクリックして「情報を見る」をクリックします。

こんな画面になったはずです。設定を開いておきましょう。

次に、使用したいアイコンが割り振られているアプリケーションなどの情報を見ます。
// Chromeのアイコンを使いたいなら、アプリケーションディレクトリをFinderで見るといいでしょう。

ここで、アイコンそのものをクリックすると、ふんわり青とかに光ったはずです。

ここで普段通り、command + C でコピー発動。コピーされた模様。

次に、変更したいアイコンを選択して、command + V にて貼付けを行いましょう。

これで、お気に入りのアイコンになりましたでしょうか。